04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Little Darling 

引越ししました。
新アドレス
http://note.littledarling-cooking.com/
<< 【アンチョビたらこのポテトサラダ】女3人 おうち飲み〜♪ | main | こんだてNote【今日のイチオシこんだて】メインに選んでいただいています >>
ユダヤの編みパン【ハラーブレッド  Challah bread】絶品フレンチトーストに欠かせないパン!
 
私がイマ一番気に入っているパン、ハラーブレッドのご紹介です。

ユダヤのパンで、以前行ったユダヤ教のお祝いパーティーでは、
集まった大勢の人々が このハラーブレッドをひと口ずつ分け合ってお祈りのあとにいただきました。

日本では、アイシングを最後に塗ったもの、リング状やハート型にしたものが多いようですが、これは、ベーシックなハラブレッドです。

材料  1本分
・ドライイースト  小さじ4
・砂糖    大さじ5 と 小さじ2
・ぬるま湯   240cc  *華氏110度 摂氏 43度くらい
・溶かし無塩バター   大さじ6
・たまご   3個
・強力粉 または パン用小麦粉   4.5カップ〜5.5カップ程度
・塩   大さじ1

照り用 たまご1個と牛乳大さじ1を混ぜたもの。

作り方
1.ぬるま湯にイースト、砂糖を大きなボウル入れて、イーストと砂糖が溶けるまでかき混ぜます。
2.そのまま 10分おいておきます。クリーミーな細かい泡がぶくぶく出てきます。

3.溶かしバター、たまごを加え、混ぜます。

4.ここにあらかじめ混ぜておいた 小麦粉と塩を混ぜたものを1カップずつ加えていきます。
5.べたべたと手についてこない状態になるまで、粉を加えます。湿度や温度、小麦粉の状態で 加える量が変わります。
 パンこねようのフックを装備したスタンドミキサーや パン焼き機で作る場合、ボウルや容器にべたべたつかなくなります。
6.小麦粉を薄く広げた台に出して、手で良く捏ねます。5分から10分かかると思います。一般的に赤ちゃんのお尻みたいに すべすべで 弾力が出てくるまで、というのが目安と言われています。
7.サラダオイルかバターを薄く塗ったボウルに入れて、濡れタオル、ラップをふんわりとかぶせて2倍に膨らむまで暖かい場所におきます。1時間くらいかかります。
8.オーブンを華氏375度、摂氏190度に温めて置きます。
9.膨らんだ生地をこぶしで押して、空気を抜き、ナイフで分割します。三つ編み、四つ編み、好みの編みこみ法に従い、3分割にするか4分割にするか決めます。
10.切り分けた生地をロールに丸めて、10分休ませます。

11.ロールにした生地を40センチくらいのロープ状に伸ばします。

12.生地の端をひとつにまとめ、そこから編みこんでいきます。最後まで編んだら、終わりを下に巻き込んでしっかり止めます。
4本で編んでいます。
13.1時間から1時間半、ふわふわに膨らむまで 濡れタオルかラップでふんわり覆います。



14.照り用卵液をはけで塗って、オーブンに入れます。45分を目安に焼きます。途中で上火が強く焦げ色がついてきたら、アルミホイルで覆ってください。


焼きあがったらラックに乗せて粗熱をとります。

 焼き上がりは ふわふわで ほんのり甘く、芳香が家中に広がる おいしいパンです。翌日も ふわふわが続いて、トーストしてもおいしくいただけます。


 何より私のおススメは フレンチトーストIレシピは→ ここ)! ぜひハラーブレッドを焼いて フレンチトーストを作ってみてくださいね!!!! 溶ける〜ぅ。






下のバナーをクリックしていただくと
ランキングに反映されます。よろしくおねがいしま〜す♪

レシピブログに参加中♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へにほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  
にほんブログ村 にほんブログ村  人気ブログランキング



JUGEMテーマ:手作りパン
| お料理 | 17:04 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
Little Darlingさん、こんにちは。
(iPadからのコメント入力は、うまくいかなかったようです。二重投稿になっていましたら、ごめんなさい。)

日本時間の早朝に、このパンをみて、「これが!」と見入りました。
アンネ・フランクの日記の中に、お祝いの日のねじり編みパンがでてくるのを覚えていました。
隠れ家の中で、アンネは、ほんのり甘くて、ふわふわのパンのことを懐かしみます。以前は、食べたいと思わなかったのに、おばあちゃまの家で皆で食べたことを懐かしいと。
ほんのり甘くて、ふわふわ...そんなものは、隠れ家の中になかったでしょう。
ユダヤの世界から離れた、ドイツ系のオランダ市民として暮らしていた彼女の暮らしが、ユダヤの刻印を押されて閉ざされていく中で、彼女は何を想っただろうか。

どんなパンなのか、いつか食べてみたいと、ながらく思っていました。
ここにみせてくださって、ありがとうございました。
| 過労死予備群 | 2013/05/28 10:55 AM |

翌日もふわふわだなんて食べたーい!
若い頃はハード系も好きだったのですが
おとしごろ(更年期?)になってきたら
やわら〜いパンが好きになったわ〜
歯は丈夫なんだけどあごが(笑)
これ美味しそう!食べたいでーす♪

| 槙 かおる | 2013/05/28 6:05 PM |
過労死予備群さん、素敵なお話ありがとうございました。アンネの日記を読んだのは もう四半世紀以上も昔のことで、すっかり 忘れていました。

その食材や食品にまつわる いろいろな歴史や物語。大切にしていきたいものです。
| Little Darling | 2013/06/06 6:09 AM |
かおるさん、ほんま、ほんま お年頃じゃけん(笑)

チーズもソフト系にシフトしました。
あと 昔は白が好きだったのに 今はもっぱら赤ワイン一辺倒、になりました。日本酒やビールが 日本時代は好きだったけど、日本で飲むといつも酔っ払い〜(笑)
| Little Darling | 2013/06/06 6:11 AM |









トラックバック機能は終了しました。
Little Darling HP
1998年にスタート 16年目を迎えた私のホームページ。

200以上のレシピを掲載。
無断転載、コピー厳禁。
Little Darling
リンク

レシピブログ参加中♪

mytaste.jp

私も編集スタッフです!
ネットショップ検索・リンク
参加中のレシピサイト
Google


好きな名前でドメイン取得!
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS